XR1200タナックスシートバッグ(MFK-238)のインプレッション

あ、どうも。
逆から読むと【シケた顔】になる
【オカ タケシ】です。

XR1200で子供とタンデムツーリングしてダムに行く
たまには事前に計画を立ててツーリングをしてみた。慣れないことはする物ではないと痛感した。普段の行き当たりばったりツーリングと違い、今回のタンデムツーリングは波乱万丈の旅となった。バイク酔いってあるんだね。

上記のタンデムツーリングの際に使用した、
タナックスのシートバッグのインプレッションをしてみました。

やっぱり第一印象って大事だね。

XR1200タンデム時の積載量不足改善の為、シートバッグを考察してみる。
タンデム時に荷物が全然持ち運べていない現状を改善すべく、シートバッグなるものを検討してみる。 果たして、どういう結果になるか。

この記事で気になっていた、タナックスのシートバッグを購入しました。
大雑把に分けると、「大」「中」「小」と分けられるのですが、
今回購入したのは「中」に当たる、【MFK-238】というモデルです。

使用目的と固定方法


上の写真をみての通り、
シートバッグとしては利用していません。
何故、この様な使用方法になったのか振り返って説明します。

使用目的

何のために使用するのかといえば、
当然「物を入れるため」となる訳です。
この事柄について少し掘り下げて考えてみます。

タンデム時の積載量確保のため

誰しも、シートバッグを購入する基本的な理由は
「荷物を積みたいから」
だと思います。
かくいう私もその一人です。
まさか、こんなことになるなんて…

バックレストを隠すため

実は、ここだけの話なんですけど、
オカ タケシ的には、
バックレストとキャリアを撤去したいんです。
しかし、妻と長男はこの二つを必要としています。
個人的には、キャリアとバックレストが付いているXR1200の見た目が嫌なんです。
ちょっと、スマートでは無いような気がして…
そのため、このシートバッグをキャリアに固定して隠してしまおう。
という魂胆です。

シートバッグの固定方法

本来はタンデムシートに装着するバッグを、
キャリアに装着しようとするのだから、
それ相応の苦労があって当然なのですが、
この製品はよく考えて作られています。
当然、事前に下調べはしたのですが

いとも簡単に装着できたので拍子抜けでした。
良く出来ていました。

レビュー

積載量をチャック一つで変化させられるという所が気に入っています。


ビジュアル的にも、おかしくないと思っています。
どうですかね?

前項で添付した写真よりコンパクトになっているの分かりますか?
チャックを閉じて、容量を最小にしています。

評価的には★★★★☆です。
標準というか、吊るしの状態で防水カバーが付属されていました。
こういった心遣いが良いですね。
現状では非常に満足しています。
☆なのは、若干固定し辛いっていうのと、
ベルトが少し緩みやすいという点で☆×1にしいています。

この時でも、休憩毎に点検する程度で済みました。
ご覧いただいた方々の参考になれば幸いです。