XR1200もいよいよ乗り出して6,000kmです。

あ、どうも。
逆から読むと【シケた顔】になる
【オカタケシ】です。

チャラいオッサン目指して原宿でタピオカミルクティー何ぞ


飲んでみたりしている【オカタケシ】です。

XR1200もいよいよ乗り出して6,000kmです。

前回のレビューは3月の半ばだったと思います。

XR1200は遅くはないよ!3,000km走った感想
XR1200を3,000km走らせてみましたが、巷で言われているような遅さは感じませんでした。 むしろ、アクセルを捻ればきちんとついてきてくれる乗りやすいバイクです。 今のところノントラブルで、「スポーツスターは壊れない」と言いきれています。

この所、乗る機会が増えたので距離が進むのも少し早まりました。

前回からの変更点

①ブレンボ4ポットキャリパー装着!

リアブレーキ、ブレンボ4POTインプレッション
午後から、腰痛の治療といびき外来での診察があるので 走りに行けるのは午前中のみ! 昔、色々と楽しませて貰った 「ラ〇ド坂」に走りに行ってきた。

純正のキャリパーに比べれば当然、ブレーキング能力は向上しました。
だがしかし、リヤブレーキを多用するオカタケシ的には
若干、ブレーキングパワーが足りない・・・
ラジアルキャリパーにすれば良かったかなと若干の後悔が。

こうやって泥沼にハマっていくんだろうな(笑)

②初のミッションオイル交換

一国サイクルワークスさんでやって貰いました。
購入時に入っていたオイルから、
梅島社長オススメの【FORMULA+】というオイルを入れました。
まぁ、ハーレー純正のオイルなんですけどね。

2,000km毎エンジンオイルを交換して、
6,000kmミッションオイルの交換。
オイル管理はこれでいいのかな?

エンジンオイルですが、酷暑というのも関係しているとは思いますが
シャバシャバで水の様でした。

まったく粘度を感じられませんでした。
オーバーヒートは起こしていないのですが、
ここまでシャバシャバになっているとは思いませんでした。

初のミッションオイル交換ということもあり、
スラッジの量が凄かったです。
街乗りばかりだとこうなるのかな?

③フルメッシュジャケット購入

KADOYAのフルメッシュジャケットを買いました!
XR1200のパーツではありませんが、
この酷暑を乗り切るには必要なんです!

夏ジャケはKADOYAに決まりっ!
この夏を乗り切るために、メッシュジャケット4品を比較・検討してみました。 はたして、購入に至った商品はあるのか・・・

プロテクターフル装備でも風が抜けるので
走っていれば涼しいです。
停まると何を着ていても同じです。

変更したいなぁと検討している所

① フロントフォークのスプリングを変えたい

これは、ずいぶん前から検討しているんです。
どうも走り辛い。
ブレーキの効き方も気に入らない。
諭吉さん5人くらいで済むので、早めに着手したいです。
何回かツーリング行くの我慢すれば買えるんだけどなぁ…

② LEDヘッドライトにしたい!

歳のせいなのか、ライトが非常に暗く感じる。
都内の幹線道路を走っていてそう感じるのだから、
本当に暗いのかもしれない。。。
何で今まで変えていないかって言うと、
あの虫っぽいデザインが好きになれなくて。

③ シートを替えたい

まぁ、これはビジュアル的な問題なので、
完全に後回しにしています。
ダブルシートにしたいです。
どんどんXR感がなくなっていく方向に持っていきたい。

④ アンダーミラー化したい。

色々と検討しています。
アンダーミラー化するにはウィンカーの位置を変更しなくてはならないです。
まず、ミラー云々の前にウィンカーで悩んでしまっています。
バレットアトーいいなぁ。
とか、
ウィンカーどこに付けようかな
とか、
脱線しまくって、先に進んでいないのが現状です。

6,000km走ったインプレッション

お待たせしました。
待ってくれましたか?

さて、XR1200は遅いのか?

XR1200は遅くはないよ!3,000km走った感想
XR1200を3,000km走らせてみましたが、巷で言われているような遅さは感じませんでした。 むしろ、アクセルを捻ればきちんとついてきてくれる乗りやすいバイクです。 今のところノントラブルで、「スポーツスターは壊れない」と言いきれています。

この時にも書きましたが、

XR1200は遅くない!

XR1200に関してはネットでの評判は当てにならない!
決して遅くはない!
まぁ、SSバリに速い訳でもありませんが。

楽しく走る分には何の問題もありません。

街乗り

若干ハンドルが重いような気がしなくもないが、
特に取り回しが辛いとかそういうことはありません。

細かい路地なんかでも、
アクセルのオン・オフで美味い事曲がってくれるので
苦労はしていません。
アクセルにエンジンがついてくるので、不便を感じたことはありません。

SSとかストリートファイター系のバイクには敵いませんが、
まぁ、目的が違うので無理して付き合う必要もないかな。

ワィンディング

エンジン的には何の問題もないと思います。
後は乗り方の問題になると思います。
アクセルのオン・オフで曲がるきっかけは作れるので
あとはギヤの選択しだいです。
若干、ブレーキの効きに不満はありますが、
ブレーキ強化すれば問題ないかな?

ブレーキの強化もそうですが、
フロントフォークの動きをもっと良くしたいです。
まぁ、いずれ・・・

ハイウェイ

乗り慣れてくるとフロントが拾う振動が気になります。
普通に走っている分にはそんなに気にならないのですが、
車線を右に左にヒラヒラと走らせようとすると、
やはりフロントの動きが気になる・・・

路面の補修をした継ぎ目などは、ハンドルが取られ気味で
安心してカッ飛ぶのには少し改善が必要です。

燃費

参考になるかわかりませんが、
マフラーをトランプさんのフルチタンマフラーに交換し、
エアクリーナーをK&Nさんに変更し、バタフライを撤去しています。
そのうえで、インジェクションチューンを行っています。
これらを前提で話を進めます。

乗り始め~4,000km位までの間は、
平均的に15km/ℓを維持していました。
高速道路に乗ったり、郊外の道を走れば
当然燃費は良くなりますし、
街乗りやワインディングをメインで走ると
やはり燃費が低下します。
しかし、平均的には15km/ℓで走行できました。

4,000kmを越えた当たりから、
平均的に15km/ℓを切り14km/ℓ代に突入しました。
そのまま、燃費の悪化は止まることを知らず・・・
季節的に暖かくなってきたことも影響しているとは思います。
酷暑期も乗り続け、5,000km辺りからは
13km/ℓ代へ突入しました。
ヘッドの緩み等はありませんでした。

乗り慣れてきたのか、圧縮が抜けてきたのか・・・
もう暫く様子を見てみます。