XR1200で子供とタンデムツーリングしてダムに行く

あ、どうも。
逆から読むと【シケた顔】になる
【オカ タケシ】です。
今回は小学四年生の息子、
逆から読むと【臭い顔】になる、
【オカ イサク】と一緒にタンデムツーリングに行ってきました。

子供とタンデムしてダムを見に行くツーリング

ぢゃ~~~ん。
タイトルが長くなりましたが、
今回は、長男イサク(仮名)とタンデムしてダムを見に行ってきました。
いわゆる、いとつのタンデムツーリングレポになります。

第一の失敗

長男イサク(仮名)が前日に放送していた、
「世にも奇妙な物語’18秋の特別編」
に夢中になり夜更かしをしてしまったせいで、
寝坊する。
そして、準備が不十分であったがために、
出発が予定よりも30分以上遅れる。
7:00出発予定が7:40出発に…

始業前点検

ツーリングの前に装備の点検をします。

イサク(仮名)のバックショットです。

本人が進んで装着してくれるので助かっています。

タンデムベルト

まず、長距離の際には必須アイテムになるタンデムベルト
我が家では近くのコンビニに行く際にでも装着しています。
やっぱり安全第一です。
長男イサク(仮名)はツーリング中に寝ることはありませんが、
ツーリングの帰りにお子さんが寝てしまう方にはオススメします。

ヒッププロテクター

我が家ではスケボー用のヒッププロテクターを
尻痛対策に使用しています。

これで大分尻痛が軽減されているようです。
また、スケボーと共用できるので、
金銭的なダメージも軽減(?)されています。

インカム

昨晩、しっかりと充電していたので、
本日は安心して出発することができます。
親機をSENA 10U
子機をSENA 3S
に設定しています。
タンデムなので、これで十分です。
マスツーリングに参加することもある父はSENA 10U

イサク(仮名)は後ろに乗る時にしか使用しないので、SENA 3Sで十分です。
ソロオンリーで、音楽とナビと電話を繋ぎたいという人にもオススメです。

さぁ、ツーリングの始まりです。

本日は「二子多摩川駅」を出発駅に設定しました。
ここから多摩川沿いを走り津久井湖を目指します。
一回目の休憩は、早くも多摩川沿いのセブンイレブンで取りました。


実は

XR1200タンデム時の積載量不足改善の為、シートバッグを考察してみる。
タンデム時に荷物が全然持ち運べていない現状を改善すべく、シートバッグなるものを検討してみる。 果たして、どういう結果になるか。

ここで検討していたシートバッグを購入していました。

シートバッグをリアバッグとして活用

合羽を二人分と地図と長男イサク(仮名)のバッグを入れても十分な
収納力があり、見た目もXR1200の雰囲気を壊さずに満足できました。
ちょっと、テールランプが見にくいかも。
ショートツーリングであれば、これで十分かも。
タンデムツーリングだと、帰りのお土産があまり入らない危険性があり…
そこは妻の寛大な心に期待しよう。

燃料の確認を忘れずに


先週、乗りっぱなしだったことを思い出して、
スタンドにピットインしました。
約9L入り、燃費は15km/L位ですね。
暗算苦手なので、ざっくり計算です。
まぁ、異常なしってことで。

津久井湖/城山ダム到着

出発から2時間経過した9:40、城山ダムに到着しました。
展望台の看板があったので、登ってみました。

津久井湖記念館にて「落ちない木」という物を見て、

ダムカードGET!

第二の失敗

津久井記念館でダムカードを貰う際に、
道志ダムの話をしていたので、
オカ タケシ痛恨のミス!
宮ケ瀬ダムに向かうつもりが、
誤って道志ダムに向かってしまう!

道志ダム

青野原で道志みちが通行止めになっているため、
生活道路を使用して迂回することになる。
迂回路でイサク(仮名)より
「お腹が空いた」
と言われ、「急いで行ってダムカレー喰おうな!」
と返事をする。
道志ダム到着

どこでダムカレー喰うんだろう?
スゲー辺鄙な所に来てしまったなぁ…

お腹が減って具合の悪くなるイサク(仮名)


どうやら、目的地を間違えたことに気が付くオカ タケシ
しかも、イサクはお腹が減って具合が悪いと言い出す。
困ったオカ タケシ。
ダムカレーをあきらめて、その辺で何か食べようか?
と提案するもイサク(仮名)に却下され困るオカ タケシ
「ジュース飲んで、ダム見てからダムカレー食べに行こっ!」
イサク(仮名)に促されダムを見学するオカ タケシ&オカ イサク
【シケた顔】と【臭い顔】お互いに写真を取り合う。
ここのダムカードは津久井湖記念館で配布されているので、
行ったという証拠の写真がないと貰えないのです。

第三の失敗

お腹を空かせたイサク(仮名)を乗せたオカ タケシは
宮ケ瀬湖へとハーレーを走らせます。
安全マージンを十分にとって走っていたつもりですが…
イサク(仮名)が酔った…orz

気持ち悪いから販売機のある所で休憩したい…

再び生活道路を経由して宮ケ瀬湖へと向かいます。
もう方向感覚が狂っているので、スマホナビの出番です。
だがしかし、スマホナビでは通行止めの情報が反映されなかった…
GOOGLE先生頼みますよ…

山のはちみつ

既に限界を迎えているイサク(仮名)
何処か休憩できるところはないか…
ありました!
「山のはちみつ」

イサク(仮名)はヘルメットを取って嘔吐。
本当に限界だったんです。
お店の方にバケツを借りて店先の清掃を行う父タケシ
相当シケた顔していたと思います。
イサク(仮名)は水分はいらないというので、
コーヒーセット(値段は忘れた)を頼み
カスタードの鯛焼きを頬張るイサク(仮名)
足りなくて、追加でもう一尾食べてました。
私は、栗の鯛焼き。
何故、山の中で鯛焼きを売りにしているか謎でした。
鯛焼きを食べて復活したイサク(仮名)を乗せて再び宮ケ瀬湖を目指す。

宮ケ瀬湖/宮ケ瀬ダム到着

長かった…
ここまで長い道のりだった…
やっと辿り着いた。

駐車場にバイクを止めて
宮ケ瀬ダム水とエネルギー館にてダムカードをGET!


ここでは、【宮ケ瀬ダム】と【石小屋ダム】の二つのカードをGET!

ダム放流カレー


水とエネルギー館にて本日のメインイベント、
【ダム放流カレー】を食べます。
生憎、到着したのがお昼時になってしまったので、
30分程並び、カレーにありつけました。
放流具合がどうだったかというと…
ちょっと残念な感じでした。
カレーが煮詰まってたのかな?

観光放流

カレーを食べていると観光放流の案内が館内放送で流れてきました。
急いでカレーを食べて、
観光放流に向かいました。

残念ながら、到着前に放流が始まってしまいましたが、
ダムの上からとダムの下からの両方から見ることができました。
大迫力でした。
びっくりして泣いているお子さんもいました。

新石小屋橋


ここまで来るとダムの全景が見ることができます。
観光放流の直後だったので、
観光客でごった返していましたが、
橋の揺れは感じられませんでした。

大沢の滝


新石小屋橋の途中から見ることができるのが、
この大沢の滝です。
この日は水量が少なかったのかな?
事前に調べた景色とは若干の差異はあったものの、
しっかりと肉眼で確認することができて満足でした。

石小屋ダム/石小屋橋


宮ケ瀬ダムの下流にあり、宮ケ瀬ダムが放流した水を再利用して
発電する、一粒で二度美味しい仕様のダムです。
ここで重大な連絡がきました。
なんと、本日はコトリちゃんの退院後の定期健診の日だったのです。
予約の時間に間に合わなくなるので、
本日はこれで終了となります。

インクライン


鉄ヲタ気味のイサク(仮名)の大好物の電車らしきものがあったので、
乗ることにしました。
ダム建設時の運搬設備を利用したロープウェイ的なもの?
まぁ、要するにインクラインってことだ。

宮ケ瀬湖


駐輪所の所で、宮ケ瀬湖の柵にXR1200を寄せて記念写真。
さてと、コトリちゃんの待つ家に帰りますか。
ここで、最後の失敗が…
iPhoneのバッテリーが切れた!
えっ?マジ?
道は分かるからいいけど、連絡取れないぢゃん。
実は、オカ タケシ、普段は3台の携帯電話を持ち歩いているのだが、
本日に限り、メインで使用しているガラケーを充電器につないだまま自宅に忘れ、
androidも電池切れという、最悪な状況でした。
ポータブル充電器は持っていたけど、今さら?
的な感じなので、使用せず。
ナビで使用すると電池喰うんだね。
電源の設置を検討しようかな…

コトリちゃんの病院へ

さて、コトリちゃん。
病院に連れていかれるって分かるんですね。

超怒ってます。
車に乗り換えて、コトリの病院へ
特に異常がないということで、病院通いはこれで終了です。

長かった旅を終え、イサク(仮名)はコトリちゃんの病院が終わった時点で撃沈しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする