さて、半年に1回のブーツのお手入れの日がやってきました。

あ、どうも。
逆から読むと【シケた顔】になる
【オカ タケシ】です。

今回は、年に2回行っているブーツのお手入れの日です。
あくまで我流ですが、何か参考になればいいです。

さて、半年毎に行う
ブーツのお手入れの日がやってきました。

目 次 

まずはどんな物を使っていくのか見てみましょう

今回は、写真に写っているブラシ類と、タオルと手ぬぐいを使用しました。

まずは、写真の左側から紹介していきましょう。

・ 馬毛のブラシ
・ 豚毛のブラシ
・ アクリルブラシ
・ アクリルブラシ(斜切り)
・ 白色ワセリン
・ 歯ブラシ

以上です。

この他に、濡れタオルとてぬぐいを使用します。

REGALのチャッカブーツで手順を確認します。

① まずはブラッシングして表面の汚れを落とします。


スマホで撮ったので画像がイマイチですが、
左右で色味が違うのがわかりませんか。

② 続いて、濡れタオルで表面に残った汚れを取り除きます。

この時に使用する濡れタオルですが、40℃~45℃くらいのお湯に浸けて
固く絞ったものを使用します。

③ 白色ワセリンを直接指で取り、
体温で溶かしながら刷り込みます。

まんべんなく可能な限り薄く伸ばしていきます。
縫い目の所には気持ち多めに塗ってください。

④ 指ですり込んだワセリンを
今度はブラシを使って指では入りきらなかった
隅部や縫い目にすり込んでいきます。

この時に注意したいのは力を入れてこすらないことです。

⑤ 私はこの状態で一晩置きます。
一晩かけてゆっくりとワセリンを染み込ませます。

REDWINGのエンジニアの場合

① お手入れ前の状況をみてみましょう。

つま先に結構ダメージを受けているのがピンボケ写真ながら分かります。
以前、エンジニアブーツを丸洗いしてみた時の洗う前みたいな色してます。
この、飴色になるまで履き込むのが大変なんだよwww
実は汚いだけです。

② お手入れ後の状況を確認してみましょう。

つま先部のささくれていた革も、脂をつけてやさしく擦ることで
元通りに近い状態に持っていけました。
脂が切れてくるとまたささくれ立ってくるので、
その時には再度脂を塗ってあげましょう。

③ お手入れした結果、こんなことが分かった。

ヒールがミッドソールギリギリまで擦り減ってる!
ミッドソール痛める前に気付いてよかったぁ~。
ミッドソール交換するかしないかで大分お値段変わるからなぁ。
コイツは近いうちにヒールの交換にだすか。。。

以前、丸洗いしたときの記事はコチラ

5年位履きっ放しだったREDWINGのエンジニアブーツを洗ってみた。
春夏秋冬、晴れの日も雨の日もヘビーローテーションで履き続けたREDWINGのエンジニアの丸洗い(水洗い)に挑戦してみました。 結果はいかに・・・(続く)

ZERROW’S TYPE1の場合

① お手入れ前の状況


やっぱりバイクに乗っているから左足にペダル傷ついちゃうねぇ。
ハーレーなのにバックステップ。
スポーツスターなのに、純正バックステップ。
それが好きで買ったXR1200ちゃん。
ブーツのためにはシーソーペダルにしたんだけどなぁぁ。

② お手入れ後の様子

シフターの傷が見えづらくなったのだが、分かるかな。
とりあえず、オイルアップまで終わらせた状態。
向かって右側(左足)のみお手入れ完了。

ブログランキング・にほんブログ村へ